B型番長ゆうぞうの筆不精日記
     さまざまな事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旅行(和歌山)総括編
和歌山のお土産

①地ビール「なぎさビール」
②地ビール「くまのビール」
③地ビール「熊野路」
④地ビール「いさなビール」
⑤梅酒「樽」
⑥ワイン「那智山ワイン」
⑦那智の滝「おはし」
⑧那智の滝「お皿」

気になった看板

①和歌山にミニ新幹線を
②那智黒飴

田舎に行くと必ず、
「新幹線を作れ!」

「高速道路を作れ!」

「世界遺産に!」
を見かけるが、
俺の実家周辺ではもっぱら
「東京から東濃へ」
である。
首都移転の話らしいのだが、
コレを見ると、結構恥ずかしい。

レンタカーの極意

レンタカーは安い方が良いに決まっている。
昔はeレンタカー総合情報でキャンペーンを探していたが、
今回、良いものを発見した。
それは、旅ぷらざ
レンタカー10社から安い所を一覧で表示してくれるのである。

例えば
コンパクトカーを1泊2日借りると
通常12600円(ジャパレン)
eレンタカー総合情報なら、9975円(マツダ)
旅ぷらざは7000円(ジャパレン)

凄いでしょ。
スポンサーサイト

テーマ:旅行 - ジャンル:旅行

旅行(和歌山)日記編2
2日目(2005.12.18)

6時起床

露天風呂(6:30)
(32階にある露天風呂に入り、
その後7時前の日の出を見る。
風呂から日の出が見れたらより良かった。)

朝食(7:00)
(朝食後、吉野で食べそびれた葛饅頭を食ったが、
作りたてだったらしく、おいしかった。)

出発(9:00)

那智の滝(9:30)
(この旅行の第一の目的。
非常に良く、見飽きなかった。
その水であろう延命の水を、
4口も飲んだが、長生きできるだろうか?
足よりも太いおみくじが存在した。)

おみくじ


熊野那智大社(10:00)
(那智の滝と三重塔の組み合わせが良かった。
また、12月19日のニュースによると、
大みそかから元日朝にかけてライトアップされるようだ。
非常に気になる!)

滝と塔


新宮・熊野速玉大社(11:00)
(全国に3000以上も分社がある熊野神社の
7割近くが速玉大神を祀ると言うことで、
期待したが、社殿の赤さに古さが感じられず、
イマイチありがたみが無かった。
境内に太いナギの大樹があって、
その苗木が買えたらしいのだが、買いそびれた。)

熊野速玉大社


串本町津波避難階段
(わが卒論の題材の津波避難階段を見学してきた。)

潮岬(13:30)
(180度以上見渡せる海は良かった。
パノラマにするつもりで、8枚も写真を撮った。
まみぞうが海上保安ダイアリーを買ったおかげで、
俺まで灯台のペーパークラフトが貰えた。
作るのに数時間かかるらしい。)

とれとれ市場(15:30)
(昨日と同じく、ココで昼飯。
アナゴ、ウニ、大とろ寿司2貫。
予定では、イノブタ、クジラ、クエのどれかだったが、
時間の関係で断念した。)

高速道路

ジャパレン京都店(20:00)

終わり




テーマ:♡温泉だいすき♡ - ジャンル:旅行

旅行(和歌山)日記編1
初日(2005.12.17)

10:00起床
(8時に起きるはずだったが、9時に起こされた記憶もあるのだが、
気づいたら11時だった。前日の夜更かしが響いたようだ。
小学生の遠足みたいにワクワクして寝れなかったわけではないが。)

ジャパレン京都駅店を出発(12:00)
(なぜジャパレンなのかは、また後日。
別にJALマイルが貯まるからではない)

東寺餅購入
(東寺の東門そば、大宮通沿いにある和菓子やさん。
旅行とは関係ないが、お勧め)

高速道路
(名神・京都南→近畿・吹田→阪和・松原→
阪和・岸和田和泉→阪和・みなべ。計5000円。
というルートだが、吹田でカーナビに騙され?、
中国道に入ってしまい、大変な目にあった。
そのおかげで通らされた環状線だけはなんとかして欲しかった。)

とれとれ市場(16:00)
(この時間になってやっと昼食。
サーモン、イクラの寿司。赤身、中とろ、大とろの刺身。
ネギトロのネギ抜き。めはり寿司。ごはん。)

ホテル浦島(19:30)
(旅行の数日前に適当に安いところを見つけて
申し込んだホテルだが、温泉が充実していて、
部屋も広くてとても2人部屋とは思えなかった。
満月を見ながらの露天風呂は格別だった。
ところで、本当はこの旅行、
初日は、三段峡、千畳敷、潮岬、那智の滝
2日目は、熊野の本宮と新宮、谷瀬の吊り橋、(高野山)
に行く予定だったが、初日はどこにも行けなかった。)

1時就寝

テーマ:温泉旅行 - ジャンル:旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。