B型番長ゆうぞうの筆不精日記
     さまざまな事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
耐震偽装事件
最近、時間がある時は、スペイン旅行に行った時に、
蓄積された新聞を1ヶ月以上遅れて律儀に読んでいる。

その新聞の中からたまたま見つけた広告。

木村建設

世界に羽ばたく木村建設。
工期を1/2に短縮。

絶頂期やね。

p.s.
新聞の日付 11月9日
偽装発覚 11月17日
スポンサーサイト

テーマ:姉歯建築設計事務所 - ジャンル:ニュース

Commercial Message
今日百万遍を歩いていたら、
ビルの屋上の看板で広告を募集していた。

それを見ながら、

「あの広告に俺のblogの広告載せたら、
月に何人の人が見てくれるのかなー?」

「どんな広告を載せれば、
よりこのblogを見に来てくれるかなー?」

ってな事を考えていたら、
画期的なコマーシャルを思いついた。

それは、
CMの流れる15秒間ひたすら、
URLだけを見せるのだ。
決して社名などは入れない。

そんなCM、
気になってしゃーなくない?


P.S.
ココを参考にすると、
「日本のテレビCMでは、URLの表示は1秒以内、
URLの読み上げは不可との「規制」が存在すると言われている」
とある。
明文化されたものではないが、規制があるらしい。
詳しくは、livedoor日記2005年3月20日参照。


テーマ:CMの話題 - ジャンル:テレビ・ラジオ

beer
日経に国別ビールの消費量ランキングが載っていた。
量だけでは分からないので人口で割ってみた。

中国 
2864万kℓ/13.06億人=21.9(ℓ/人)

米国
2397万kℓ/2.97億人=80.7(ℓ/人)

ドイツ
956万kℓ/0.82億人=117.0(ℓ/人)

ブラジル
845万kℓ/1.84億人=45.9(ℓ/人)

ロシア
845万kℓ/1.44億人=58.7(ℓ/人)

日本
655万kℓ/1.27億人=51.6(ℓ/人)

さすがはドイツ。
と思って調べてみたら、
さらに凄い国を発見した。
キリンビール参照

上のランキングとは年度が違うが、

1人あたりのビール消費量(1年)

1位 チェコ
158ℓ=ビンビール250本

2位 アイルランド
146ℓ=ビンビール230本

3位 ドイツ
122ℓ=ビンビール192本

1年でビンビール250本!?
ビール以外の酒も飲むだろうし、
子供は普通酒飲まないし、
って考えたら、チェコにだけは転勤できないね

テーマ:日経新聞 - ジャンル:ニュース

旅行(スペイン)総括編
スペインでのお土産

①フェラーリの「ネクタイ」
②フェラーリの「メモ帳」
③zaraの「マフラー」
④ミニチュアの「サグラダファミリア」
⑤スパークリングワインの「cava」
⑥白ワインの「フルボトル」
⑦4種類の「ビール」
⑧ピカソの「Caballo corneado(馬の絵)」
⑨ピカソの「名前不明(顔の絵)」

スペイン旅行のミス

すごい良い情報が載っていたホームページを見逃した事。
このホームページを見ていれば、
世界遺産のカタルーニャ音楽堂やサンパウ病院を
見逃す事は無かっただろう。
サンパウ病院なんてホテルから徒歩0分だったのに・・・
そのホームページはココ

旅行の心得

サグラダファミリアは確かに良かったのだが、
アンコールワットとは何かが違った。
感動の大きさがアンコールワットの方が大きかったのである。

俺の個人的な好みが原因ではない。
好き嫌いで言えば、サグラダファミリアは
アンコールワットに負けず劣らず一度は見てみたい物だった。

では、何が原因かと言うと、それ対する知識である。
例えば、アンコールワットの時は、ガイドブックや本を読んで、

①アンコールワット周辺の寺院は東を向いているが、
アンコールワットだけは西を向いていて、
日の出がアンコールワットの後ろから昇る

②塔が5本あるが、見る場所によって、
2本に見えたり3本に見えたりする仕掛けがされている。

と言う事を知っていただけで、楽しさが倍増し感動も大きかった。

じゃあ、ツアーでガイドに連れて行ってもらって、
説明してもらえばよいのかと言うと、
そうでもない。やはり、感動が違うのだ。
自分で本などを見つけ、知ることが大事みたいだ。

なかなか旅行に行く機会は無いが、
少ない機会をより楽しむために、
事前学習をしっかりして旅行に行こうと誓った。


テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

旅行(スペイン)日記編8
最終日(2005.11.12)

7:30起床

9:00ホテルを出発
(旅行中歩きすぎて疲れたのか、
歩くだけで足に激痛が襲ってきた)

スーパー
(最後にビール、ワインなどを購入。
ホテルに忘れ物をしてきた事を思い出し、
激痛をこらえて走って取りに帰った。)

地下鉄(サンパウ病院→サンツ駅)
国鉄(サンツ駅→バルセロナ空港)

飛行機(バルセロナ13:00→ミラノ14:30)
(12:00発の予定だったが、13:00発だった)

ミラノ空港
(アリタリア航空の職員に、予定の飛行機が欠航し、
6時間後の21:00発の飛行機に変更になったと伝えられる。
この職員、純日本人なのに態度は欧米人だった。
「すいません」などはなく、事実を淡々と伝えるだけだった。
俺は豪華な食事を食えると思い、テンションがあがった。)

ミラノ空港近郊のホテルでランチ(15;00)
(パスタ、ハムセット、デザート、パン、ワイン
のみ。
メインはどこ!?)

空港(17:00)
(時間が余ったので余計な買い物をしてしまった。
それは・・・
フェラーリのネクタイ。
しかも、紙袋がいい感じだったので、
「ワンモア、プリーズ」
と言って紙袋を余分に貰った。)

ふぇらーり


飛行機(ミラノ空港22:00→関空)
(濃霧のせいで出発がさらに1時間遅れた)

JR(関空→京橋)

KYKでとんかつ

京阪(京橋→出町柳)

終わり

※まみぞうの11月12日の日記はコチラ


テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

旅行(和歌山)総括編
和歌山のお土産

①地ビール「なぎさビール」
②地ビール「くまのビール」
③地ビール「熊野路」
④地ビール「いさなビール」
⑤梅酒「樽」
⑥ワイン「那智山ワイン」
⑦那智の滝「おはし」
⑧那智の滝「お皿」

気になった看板

①和歌山にミニ新幹線を
②那智黒飴

田舎に行くと必ず、
「新幹線を作れ!」

「高速道路を作れ!」

「世界遺産に!」
を見かけるが、
俺の実家周辺ではもっぱら
「東京から東濃へ」
である。
首都移転の話らしいのだが、
コレを見ると、結構恥ずかしい。

レンタカーの極意

レンタカーは安い方が良いに決まっている。
昔はeレンタカー総合情報でキャンペーンを探していたが、
今回、良いものを発見した。
それは、旅ぷらざ
レンタカー10社から安い所を一覧で表示してくれるのである。

例えば
コンパクトカーを1泊2日借りると
通常12600円(ジャパレン)
eレンタカー総合情報なら、9975円(マツダ)
旅ぷらざは7000円(ジャパレン)

凄いでしょ。

テーマ:旅行 - ジャンル:旅行

旅行(和歌山)日記編2
2日目(2005.12.18)

6時起床

露天風呂(6:30)
(32階にある露天風呂に入り、
その後7時前の日の出を見る。
風呂から日の出が見れたらより良かった。)

朝食(7:00)
(朝食後、吉野で食べそびれた葛饅頭を食ったが、
作りたてだったらしく、おいしかった。)

出発(9:00)

那智の滝(9:30)
(この旅行の第一の目的。
非常に良く、見飽きなかった。
その水であろう延命の水を、
4口も飲んだが、長生きできるだろうか?
足よりも太いおみくじが存在した。)

おみくじ


熊野那智大社(10:00)
(那智の滝と三重塔の組み合わせが良かった。
また、12月19日のニュースによると、
大みそかから元日朝にかけてライトアップされるようだ。
非常に気になる!)

滝と塔


新宮・熊野速玉大社(11:00)
(全国に3000以上も分社がある熊野神社の
7割近くが速玉大神を祀ると言うことで、
期待したが、社殿の赤さに古さが感じられず、
イマイチありがたみが無かった。
境内に太いナギの大樹があって、
その苗木が買えたらしいのだが、買いそびれた。)

熊野速玉大社


串本町津波避難階段
(わが卒論の題材の津波避難階段を見学してきた。)

潮岬(13:30)
(180度以上見渡せる海は良かった。
パノラマにするつもりで、8枚も写真を撮った。
まみぞうが海上保安ダイアリーを買ったおかげで、
俺まで灯台のペーパークラフトが貰えた。
作るのに数時間かかるらしい。)

とれとれ市場(15:30)
(昨日と同じく、ココで昼飯。
アナゴ、ウニ、大とろ寿司2貫。
予定では、イノブタ、クジラ、クエのどれかだったが、
時間の関係で断念した。)

高速道路

ジャパレン京都店(20:00)

終わり




テーマ:♡温泉だいすき♡ - ジャンル:旅行

清原和博選手オリックス入団
今日、清原和博がオリックスに入団することを表明した。
俺はオリックスファンになる事を表明する。

今後はオリックスについて(勉強して)語っていく。

その第一弾として、清原オリックス入団に関して、
会見した内容を紹介します。

「亡くなられた仰木前監督から熱心なお誘いを受けて、
心に響く希望に満ちた言葉をたくさん頂いた。
地元大阪、手を差し伸べてくれたオリックス、
自分を育ててくれたパ・リーグ、
プロ野球ファンのために大阪で精いっぱいプレーしたい」

ちなみに、1年契約、推定年俸2億5000万円らしい。

頑張ってください。
心から応援します。


テーマ:清原オリックスへ - ジャンル:スポーツ

旅行(和歌山)日記編1
初日(2005.12.17)

10:00起床
(8時に起きるはずだったが、9時に起こされた記憶もあるのだが、
気づいたら11時だった。前日の夜更かしが響いたようだ。
小学生の遠足みたいにワクワクして寝れなかったわけではないが。)

ジャパレン京都駅店を出発(12:00)
(なぜジャパレンなのかは、また後日。
別にJALマイルが貯まるからではない)

東寺餅購入
(東寺の東門そば、大宮通沿いにある和菓子やさん。
旅行とは関係ないが、お勧め)

高速道路
(名神・京都南→近畿・吹田→阪和・松原→
阪和・岸和田和泉→阪和・みなべ。計5000円。
というルートだが、吹田でカーナビに騙され?、
中国道に入ってしまい、大変な目にあった。
そのおかげで通らされた環状線だけはなんとかして欲しかった。)

とれとれ市場(16:00)
(この時間になってやっと昼食。
サーモン、イクラの寿司。赤身、中とろ、大とろの刺身。
ネギトロのネギ抜き。めはり寿司。ごはん。)

ホテル浦島(19:30)
(旅行の数日前に適当に安いところを見つけて
申し込んだホテルだが、温泉が充実していて、
部屋も広くてとても2人部屋とは思えなかった。
満月を見ながらの露天風呂は格別だった。
ところで、本当はこの旅行、
初日は、三段峡、千畳敷、潮岬、那智の滝
2日目は、熊野の本宮と新宮、谷瀬の吊り橋、(高野山)
に行く予定だったが、初日はどこにも行けなかった。)

1時就寝

テーマ:温泉旅行 - ジャンル:旅行

ショッキングチャイナ
親父から定期的にメールが送られてくるのだが、
先日、非常にショッキングな内容のメールが届いた。

それは、
の前に、食事前後の人はお気を付けあれ。

詳しくはココをご覧ください。

一応、1つだけ抜粋すると、

中国天安門広場では「緑化計画」が行われている。
その内容は日本人の想像する「緑化計画」とは少し違う。
それは、
枯葉に緑のスプレーを撒き、「緑化」するのだそうだ。

いやはや、おそるべし中華人民共和国。

気分の悪い話題ばかりじゃ後味が悪いので、
これまた、親父メールの、クリスマス豆知識。

①ノエル
フランスでは、クリスマスには、薪の形をした
「ノエル」と言うケーキを食べる。
これは、昔、クリスマスケーキを買えない貧しい青年が、
「僕にできる精一杯のこと」と言って、彼女に一束の薪を
プレゼントしたのに対し、彼女が「あなたのハートの様に、
暖かい炎で私を暖めてくれるのね」と答えた逸話から生まれた。

②サンタ
現在の様な、サンタクロースの姿になったのは、1931年のこと。
コカコーラ社が、サンタクロースを起用したことによる。

③X'mas
クリスマスとは、キリストのミサ(祝祭)という意味。
キリストのギリシャ語「Xristos」の最初の字X。
masとは、ミサのこと。

④クリスマスイブ
ユダヤ教では、日が暮れると日付が変わると考えられる為、
12月25日は、現代暦の24日夜から25日の日が暮れるまで。
クリスマスのイブニング(つまり24日の夜)が、
クリスマスイブで、「イブ」には「前日の夜」という意味はない。


ところで、こんなにメールを送ってくる親父は、
ちゃんと仕事をしてるのだろうか?

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

ラジオdeマイル
ANAマイルを集めている人必見。
いや、ANAマイレージクラブにスグにでも入会すべし!

12/5~18の間、ラジオを(一日中)聴いて、
放送されたキーワードで応募するだけで、
100万マイル/応募総数≒50前後のマイルが加算される。
その名も、ラジオdeマイル
こんなラッキーな企画はなかなか無いでしょう。

ん?ラジオを聴くのが面倒くさい?
うーん・・・じゃあココ
毎日お昼頃にキーワードが載るので要チェック!

ANAでも友達紹介キャンペーンやってればなぁ・・・


テーマ:マイレージ - ジャンル:旅行

旅行(スペイン)日記編7
4日目(2005.11.11)続き


地下鉄(Lespes駅→Jauma I駅)
(中央郵便局へ。
ここで1枚、空港で1枚、スチュワーデスに1枚
はがきを託したのに、誰からも届いたと言う連絡がない。
な~ぜ?・・・闇に葬り去られたのだろうか?
本日2回目の、急遽トイレ!病発生。
適当にホテルに駆け込んで、トイレを拝借した。
すると、まみぞうがとんでもない物の存在を見つけた。
それは・・・エロティカミュージアム
とんでもなく興味があったが、時間の関係で断念した。)

サンタマリア・ダル・マル教会(17:00)
(でっかいステンドグラスが良かった。
歩き方に書いてある、
聖夜のミサに訪れたら、感激もいっそう増すだろう。
22:00に始まるミサは荘厳この上ない。透き通るような
聖歌隊の合唱と数え切れないほどのろうそくの光とで、
信者でなくともキリストの誕生を祝いたくなるだろう。」
を見て、俺は行くべし!と思った。しかし、
まみぞうに何やかやと理由をつけられて、
後述する夕食時の怪しい行動のせいで、結局行けなかった。
ただ、今改めて読み返したら・・・
クリスマスだけの行事ではないですか!?)

ステンドグラス


地下鉄(Jauma I駅→Urquinaona駅)
(カサ・カルベを見に行く。
ガウディーにしては、普通の建物で、俺でも住めそうだった。)

カサカルベ


エル・コルテ・イングレス
(訳分からない名前だが、百貨店。
お土産などを買う。
パエリア鍋を探したが、24€で、止めた。)

スペインブランドMango(20:00)

TAPATAPA(20:30~22:30)
エスカルゴ4.15€
ポテト2.7€
ヤギのチーズ3.75€
ブニュロス・デ・バカラオ(タラの団子揚げ)3.0€
ピラフ3.05€
ビール3.35€
パン1.4€
cava4.05€
サングリア15.2€
クリームブリュレ3.05€
(上の写真はタパスの色々だが、
服が怪しいとか、手の形が怪しいとか言わないように。
なんせ、酔って壊れているので。
今回はクリームブリュレを食う前に
写真を撮ったので、載せる事にする。
そして、サングリア。
これはまみぞうの独断と偏見で注文したのだが、
前述の怪しい行動とはコレである。
見事に罠にかかって、俺はミサに行く気力を失っていた。)

タパス

クリームブリュレ


地下鉄(passeig de Gracia駅→サンパウ病院駅)
(ネットカフェへ行くも、
寝ていて、ほとんど何もしていない。)

ホテル(1:00)
(いつの間にか眠りについていた。
そして、5:00に風呂入って、6:00に寝た)

※まみぞうの11月11日の日記はコチラ

テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

旅行(スペイン)日記編6
4日目(2005.11.11)

9:00起床。11:00出発

地下鉄(サンパウ病院→Monument駅)
(モヌメンタル闘牛場見学。
3月~10月しか開催していないようで、
闘牛自体は見れなかったが、
外見から闘牛場を見ただけで、凄さが伝わった。
闘牛用の赤いマントのレプリカをお土産用に
捜したが、見当たらなかった。
さらに、ショッキングなサグラダファミリアを見てしまった。
横から見ると、まだ全然完成してなかったのだ。
毎回恒例の、急遽トイレ!病発生。
車の修理工場に駆け込む。)

無残なサグラダファミリア


地下鉄(Monument駅→Jaume I駅)
カテドラル
(教会。前面が修復していて、ガッカリ。
教会ならではのステンドグラスは気に入った。)

カテドラル


ランブラス通り
(ピカソの壁画とミロのモザイクをチェックする。
ピカソのは可愛げがあったので、許すが、
ミロのは、ムカツイたので、踏んでおいた。)

ピカソ

ミロ


ランブラス通り沿いで昼食(13:00)
フィデウア10€(パスタのパエリア)
ビール4.3€
サングリア5.4€
(食べてみたかったフィデウアを食す。
もう1つイカスミパエリアがあったようだが、結局食えなかった。
結構おいしかったが、パエリアの方が好みだ。
味は薄味で良かった。ただ、中華系のレストランだったので、
日本人好みだったのかもしれない。
食後に、似顔絵を描いてもらおうと思ったが、
20€だったので、断念した。)

フィデウア


地下鉄(カタルーニャ広場駅→バルカルカ駅)(14:00)
(グエル公園へ再度行く。
食事中に雨が降ってきたので、
やはり、グエル公園とは相性が悪いのかな。
と思っていたが、そうでも無かった。
勉強編で紹介した立体道路がスゴク良かった。
トカゲもデンと居座っていた。
地下鉄の駅までの途中で大雨が降ってきて、
雨宿りのをかねて買ったチュロス1.3€が美味しかった。)

立体道路



続く

※まみぞうの11月11日の日記はコチラ




テーマ:ヨーロッパ旅行記 - ジャンル:旅行

iのあるメール
docomoが「iのあるメール大賞」という企画をやっている。
今回で4回目だそうだ。

過去の受賞作品をまとめたページがある。
第1回はココ
第2回はココ
第3回はココ

これらの受賞作は素朴なメールや、
感動的なメール満載で
学校でこれらを見ながら、
目をウルウルさせていた。

例えば、
娘から(夫婦喧嘩中の)母親へのメール。

件名:そろそろチャンスです
本文:お父さんがモゴモゴ謝る練習をしています。

お勧めのメールをリンクしておくと、
悲しいメール①
悲しいメール②
微笑ましいメール①
微笑ましいメール②
ってな感じ。

そして、俺のもらったiのあるメールは、

就職活動中、状況から考えて、
落ちないであろう企業におちてしまい、
大きくショックを受けた。
その中で、最も嬉しかったタカシからのメール。

「オマエの良さを分からない企業なんて、
行く意味ないよ。落ちてむしろ良かったんじゃないかな」

俺はこの時、しょっちゅう会っているわけではないが、
困った時には励ましてくれる親友に感謝した。

ちなみに、その結果は就活の面接の為に
東京に向かう途中の京都駅で聞いたのだが、
新幹線の車中、東京にさえ行く気を無くしかけた俺は、
まみぞうに多分に励まされた事を、付け加えておこう。
結果的に、その時東京に行ってなかったら、今の俺は無かった。

テーマ:就活 - ジャンル:就職・お仕事

変わり種時計
変わり種時計を紹介しよう。
(新聞で見つけただけだが)

セイコースペクトラム
紙のように薄くて曲げられる
電子ペーパーを使った腕時計。

変わり種1

ロイヤルオリエント スケルトンモデル
おもいっきり中身が見える時計。
変わり種2

キーインテグレーテッドウォッチ
情報提供by悠ちゃん

トヨタのゼロクラウンの時計。
この時計をつけているだけで、
ドアハンドルを握ると、
ドアロックが解除されるらしい。

ちなみに、
①262,500円
②262,500円
③42,000円

ところで、
BMWをベンベって言うのはナゼ??

テーマ:役立つ知識 - ジャンル:趣味・実用

就活一期一会
内定先企業の就職説明会の手伝いに、
大阪ドームへ行ってきた。

主な仕事内容は、

・我が社のブースに来てもらうためビラを配る。

・内定者に個別に質問したい人の質問を聞く。

・パネルディスカッション。
(人事部が用意した就活に関する質問に答える)

と羅列してみたが、実際簡単な仕事ばかりなのに、
バイト代までもらえて、
(貰えなかったら参加してなかったが・・・)
さらに、社員の方達にご飯まで連れて行ってもらえ、
裏情報やら、真面目な話やら聞けて大満足だった。

で、本題だが、朝会場に着いて、
ボーっとしてたら、見た事ある顔を発見した。
しかも向こうも心なしかこっちを見ている。
ピンときた。

我が社のライバル会社の人事部。
しかも、俺蹴った会社だ。

気まずい、気まずい・・・

彼を無視するのも変だが、
挨拶したら、我が社の人事部が訝しがるだろう。

どうしよう、どうしよう・・・

気づいてない振りをした。
とりあえず、何も無かった。

しかし、数時間後、またもや彼が通り過ぎた。

明らかにこっちを見ている。
でも、隣に我が社の人事部がいる。

困った、困った・・・

軽く会釈をしといた。
そして、改めて考えた。
俺にとって彼は、人事部。
つまり覚えていて当然。

しかし、彼にとって俺は、
大人数の中の一人。
覚えていないのが当然。

妙に嬉しくなってきた。
いや、すごく嬉しくなってきた。
良い意味で覚えてくれていたのか、
悪い意味で覚えてくれていたのか知らないが、
覚えてくれていたと言うだけで嬉しかった。

翌日、我が社もライバル社も我が大学に
就職説明会をしに来た。

俺はライバル者の人事部にわざわざ挨拶をしに行った。
正直、話が弾んだわけではないが、名刺を頂いた。
嬉しかった。
そして、別れ際、(ライバル会社と言う事で)
「お手柔らかに」とお世辞を言われた。
やっぱり嬉しかった。


テーマ:就活 - ジャンル:就職・お仕事

世界制覇
世界制覇しませんか?

子供の頃の夢ではない。
頭が狂ったわけでもない。

足を踏み入れた国や都道府県を地図上で塗りつぶして、
どこへ行ったか一目で分かる地図が作れる
フリーソフトを発見したのだ。

具体的には、ココ

その名もMAPWIN

これを使えば、旅行が一段と楽しくなる事、間違いなし!

使い方がイマイチ分からない人は、
俺に聞いてくれれば多分答えられます。

ちなみに、俺の内定先のある方は、
残り2つで日本の空港全制覇だそうです。

テーマ:これほしい! - ジャンル:趣味・実用

腕時計
あなたにとって腕時計とは?

昨日も書いたように、俺は時計が、いやSEIKOが好きである。
SEIKOを好きになったのは、10年以上前だと思う。
きっかけは、親との会話である。

俺は小さい頃から、外国製時計の新聞広告で、
ROLEXやΩを見て、涎をたらしていた。
そんな時に、親との会話で、
「SEIKOは日本の会社。日本にもいい時計があるんや。」
と言う話を聞き、一気にSEIKO好きになってしまった。
そして、人生の目標が決まった。
GrandSeikoの似合う大人になる事。
もしかしたら、以前話題にした妙な愛国心は、
この頃からあったのかもしれない。
この会話で、SEIKOがCitizenになっていたら・・・
とも思うが、とにかく、今現在SEIKOがお気に入りである。

実際、大学受験で進路を決める際、
SEIKOで時計を作ろう!と決めかけたほどだ。
(当時、親に「時計は趣味だけにしといてくれ。」
と言われ断念した・・・と見せかけて、
就職活動中はしっかりチェックしていたのだが。)

お金に余裕が出来たら、いや、もしかしたら、
初任給でGrandSeikoを買う勢いでもある。
しかし、人生の目標を25歳と言う年齢で、
達成して良いものかと悩む日々である。

ちなみに、最初の質問であるが、心理学的に、
時計は異性の対象であるらしく、
あなたにとっての異性の位置付けがわかるらしい。


テーマ:これほしい! - ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。